流行りのデザイナーズマンション~賃貸に関しての知識~

流行りのマンション

賃貸デザイナーズマンションについて知っておこう

賃貸デザイナーズマンションが最近はやっています。賃貸デザイナーズマンションが流行る背景には住宅が飽和しているとう現状があるのです。戦後間もない頃のように、住宅が不足していたのであれば住宅のデザインはさほど気にせずにそこに住むに違いありません。ところが住宅が余ってくると、住宅に対する目が肥えてくるため普通の個性がない住宅であれば売れません。この段階になると、デザインで勝負するか、価格で勝負するかしか方法はなくなります。価格は安くはないけどもデザインが優れている賃貸デザイナーズマンションにするか、価格は安いシンプルなマンションにするかという選択です。賃貸デザイナーズマンションを選ぶ人は、その価格以上にそのデザインを評価しているということなのです。

デザイナーズマンションにはデザインが優れているという面があります。これはお金ではなかなか評価を付けることができない価値がありますが、そのデザインゆえに犠牲になるものもあります。それが実用性です。例えば、浴室と洗面所がガラスの壁で仕切られているホテルのようなデザイナーズマンションもありますが、同じ家に住む家族(特に女性)が浴室を使用している場合には、男性の家族は洗面所に行きにくいのです。また、外壁もこだわりぬいたため塗装がないこともありますし、本来3LDK程度の広さのある住宅でもワンルームマンションのように一部屋しかない場合もあるのです。ですが、デザイナーも特定の誰かが住むことをイメージしてデザインをしたわけです。デザイナーが意図した人が住むとしたらとても住みやすいと感じるでしょう。