流行りのデザイナーズマンション~賃貸に関しての知識~

賃貸の契約

賃貸契約と連帯保証人

賃貸契約で大事なのが連帯保証人です。福岡でも保証人不要の賃貸マンションを借りるとき以外は、たいてい連帯保証人が必要になります。借り主とともに連帯保証人になる人は定職を持っていることが最低条件となります。賃貸物件によっては、入居申込みをするときか、契約をするときには、借り主と連帯保証人両方の所得証明書が必要になります。連帯保証人は親族と限られているケースが多いので、両親のどちらかがなるのが一般的です。適切な人がいない場合は、保証人不要物件があります。不動産会社が提携している保証会社と契約することで借りることができる保証人不要物件は福岡にも沢山あります。保証人不要物件を借りれば、保証人の悩みを解決できます。

家賃は四分の一以下にすること

賃貸マンションの家賃は月収の四分の一以下にするのが理想です。ボーナスや副業などの臨時収入を除いた手取りの月給です。一人暮らしをすると家賃が一番大きな出費になります。家賃が高いか安いかで生活レベルが違ってきます。少しでも家賃が安い賃貸マンションを借りれば、浮いた分だけ食費や遊興費などに生活費を回せます。福岡県にあるワンルーム賃貸マンションの平均家賃は47,000円ほどです。管理費や駐車場代などを入れると月50,000円くらいになります。月給の四分の一ということは、毎月の手取り給与が200,000円の人なら50,000円の家賃の賃貸マンションを借りても福岡でゆとりのある生活ができるということになります。